不毛な争いなどせずに地球温暖化対策を。

神事中ですがもうひとつ。

人類は少しづつミロクの世に向かっているとは思いますが、まだまだ大きな危機を乗り越えていかねばならないことも間違いありません。今回の北朝鮮危機などもそのひとつですが、地球温暖化のことも気がかりです。

米国のトランプ政権は一応、パリ協定を認めましたが、まだ、最終的な離脱の可能性は否定していません。オバマ前大統領も懸念しているようにパリ協定からの離脱が続くようだと温暖化対策は台無しになります。

「最悪の想定」では今世紀末の東京は屋久島なみの酷暑になるという試算があるそうです。そうなった時、世界全体の気候がどんなふうに変化しているのかと考えると、やはり少しぞっとしてしまいます。気温がずっと上昇し続けるのも怖いですし、バランスを崩した地球全体のシステムが一転して氷河期を招くという説もあります。どちらになっても人類には悲劇です。

鳴門のご神業で世界じゅうの紛争を渦潮祓いしていただくようお祈りしますが、地球温暖化をめぐる不毛な紛争にも終止符を打ち、人類全体が一致団結して向かっていくよう祈りたいと思います。



■オバマ氏、パリ協定離脱を警告=気候変動対策の推進訴え

■米国務長官が「パリ協定」一応認める、北極評議会で文書に署名

■気象庁 東京の気温、屋久島並み? 温暖化「最悪」想定