G7、地球温暖化対策で折り合わず。

気になっていたG7サミットでは、保護主義と戦うことは各国が合意したものの、地球温暖化については最後まで折り合わなかったそうです。また、かろうじて合意した部分も内容は薄く、首脳宣言はわずか6ページと昨年の5分の1にとどまったとのこと。

なんだかやはり心配になってしまいます。

地球温暖化は進行中というのはトランプ政権の閣僚も認めているというのに、トランプ大統領はなんだかんだと言って温暖化対策を大きく後退させています。せっかくまとまったパリ協定が崩壊していくようでは、この先、人類の未来が思いやられます。

やはり、ワールドメイトで世界のリーダーたちの星を良い方に差し替えていただき、人類をおかしい方に誘導しないよう祈り続けたいと思います。


■G7サミット 温暖化対策めぐり米と各国 意見まとまらず

5月27日 5時36分

イタリアで開かれているG7サミット=主要7か国首脳会議は初日の討議を終え、テロ対策で連携することでは一致したものの、地球温暖化対策をめぐってアメリカと各国との間で意見がまとまらず、首脳宣言でどこまで結束したメッセージを打ち出せるのか不透明な情勢です。
イタリア南部のシチリアで開かれているG7サミットは26日、初日の討議が行われ、7か国の首脳は今月22日にイギリス中部のマンチェスターで起きたテロ事件を受けて、各国が連携してテロ対策を強化することを明記した「テロと暴力的な過激主義との戦いに関する声明」を発表しました。

このあと、イギリスのメイ首相は記者会見し、「われわれは過激派組織の脅威がなくなるどころか拡大しているという認識で一致した」と述べ、インターネットなどを通じて過激な思想が広がるのを防ぐため各国が連携を強めていくことに期待を示しました。

一方で、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」について、G7の議長を務めるイタリアのジェンティローニ首相は記者会見で「まだ合意に至っていない」と述べ、「パリ協定」に懐疑的な姿勢を示すアメリカのトランプ大統領との間で意見がまとまらなかったことを明らかにしました。

また、ドイツのメルケル首相も記者団に対し、「各国はアメリカがパリ協定にとどまるよう求めた」と述べ、各国の首脳がトランプ大統領に「パリ協定」を尊重するよう説得したことを明らかにしました。

これに対して、アメリカのホワイトハウスの国家経済会議のコーン委員長は記者団に対し、「トランプ大統領は注意深く首脳たちの意見を聞いていた。そして『自然環境はとても重要だ。私は非常に気にしている』とする一方で、雇用の創出を公約としていることも説明した」と述べ、依然として各国との溝は埋まっていないという認識を示しました。

これまで自由貿易や環境保護といった価値観を共有してきたG7各国の足並みの乱れが表面化した形で、首脳宣言で各国がどこまで結束したメッセージを打ち出せるのか不透明な情勢です。
米大統領「時間かけて問題を理解し正しい決定を」
G7サミットの初日の討議について、アメリカ、ホワイトハウスで安全保障政策を担当するマクマスター大統領補佐官は26日、記者団に対し、「北朝鮮の議論はトランプ大統領が主導し、安倍総理大臣が補強した。すべての首脳が北朝鮮の脅威を認識し、すばらしい議論だった」と説明しました。

一方、ホワイトハウスの国家経済会議のコーン委員長は、「トランプ大統領は公正で自由な開かれた貿易に関するみずからの見解を繰り返した。そして相手国と関税を同率にするといった対等の貿易関係について話し、ほかの国に対してもアメリカの低い関税の水準に合わせてほしいと説得した。非常に活発な議論が行われた」と述べました。

また、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」について、「トランプ大統領は注意深くほかの首脳たちの意見を聞いていた。そして『自然環境はとても重要だ。私は非常に気にしている』とする一方で、雇用の創出を自身の公約としていることも説明した。そのうえで大統領は時間をかけて問題を理解し、正しい決定をしたいと伝えた」と述べました。