中国の鳥インフル感染者。

ちょっと心配になるニュース。

今年の冬は過去最大の勢いで鳥インフルが拡大し、日本でも多数の家禽、野生の感染事例がありました。

幸いなことに日本では人的な被害は皆無でしたが、中国はかなりの数の方が亡くなっているようです。謹んでご冥福をお祈りします。

気になるのは、こうして人が感染する事例が増えれば増えるほど、「人から人へ」感染するタイプに変異する可能性が高まることです。

かつて、深見先生は継続的、定期的にお祈りし続けないといけないとおっしゃっていましたが、その慧眼にはいつもながら驚かされます。

うまず、たゆまず、北極免因超修法や命乞い形代などでお祈りをし続けることが、本当に大事なのだと心から思います。


■中国、5月の鳥インフル感染者72人、うち37人が死亡 1~5月の死者は計248人に

中国国家衛生計画出産委員会は12日、5月に中国本土で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が計72人確認され、37人が死亡したと明らかにした。1~5月の死者は計248人で、昨年1年間の死者63人の4倍近くとなった。

 通常は気温の上昇とともに感染の勢いが収まることが多いが、5月の感染者数は4月から9人しか減少しておらず、生きた鳥との接触を避けるなど引き続き警戒が必要そうだ。

 1~5月の感染者は計601人に上った。H7N9型を巡っては、感染者増に伴ってウイルスが「人から人」に感染しやすい性質を持つ新型インフルエンザに変異する恐れが高まっているとの指摘が出ている。(共同)