ISの断末魔。

中東情勢が急展開しています。

あれほど世界中が悩まされたISが、断末魔」の様相を呈してきたそうです。

「首都」モスルは陥落間近とされ、「カリフ」を自称したバグワティが死亡したという情報もあります。

ただ、テロやゲリラ戦を得意とするISですから、首都や指導者を失ったところで、地下に潜り、市井の人に紛れ込んで戦いを継続する恐れがあります。

また、ISなき後の中東ではスンニ派とシーア派の攻防が激化しそうとの見方もあり、一朝一夕に地域全体が安定化するとも思えません。

どういう形であれ、中東の混乱が終わり、この地域に住む人々が幸せに暮らせる日が来ますようにと祈らないではいられません。

世界に平和を。世界中に愛を。そう祈り続けます。



■IS指導者、ロシア空爆で死亡か 国防省が調査

■モスル奪還目前=イラク軍-IS、「象徴のモスク」爆破