台風5号、接近中。

迷走していた台風5号が九州に向かっています。予報では奄美から九州南部、そして西日本を縦断する可能性があるとのこと。

夏の台風は進むのが遅く、一か所にとどまれば思わぬ被害にもなりかねません。

先日の豪雨被害の傷が癒えないところに、また、大型台風の直撃です。台風の降らす雨が「恵みの雨」にとどまり、暴風雨による被害が一切、出ないようにただただ、祈り続けたいと思います。



■九州南部・奄美が大荒れ=台風5号、6日朝上陸か-7日西日本縦断へ

強い台風5号は5日午前、鹿児島県・屋久島の南海上を北上し、九州南部と奄美が大荒れとなった。気象庁は暴風や高波、大雨に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けている。5号は6日朝に九州に接近し、九州か四国、近畿に上陸する恐れがあるほか、7日には縦断して日本海側へ抜けると予想される。西日本は広い範囲で大荒れになる見込み。
 奄美大島南部の瀬戸内町付近では1時間雨量が約120ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで出され、同町や奄美市、屋久島町などには土砂災害警戒情報も出された。瀬戸内町は5日午前8時に全約5200世帯の計約9000人に避難指示を発令。奄美市の一部などには避難勧告が出された。
 5号は5日午前10時、屋久島の南南西約70キロの海上をゆっくりと北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径280キロ以内が15メートル以上の強風域。
 6日正午までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部と奄美500ミリ、九州北部200ミリ、四国180ミリ、東海100ミリ。その後、7日正午までの24時間予想雨量は多い所で、四国400~600ミリ、九州北部・南部300~500ミリ、近畿300~400ミリ、奄美と東海100~200ミリ、中国100~150ミリ。土砂災害のほか、低地の浸水や河川の増水に警戒が必要。
 6日にかけての最大瞬間風速は九州南部と奄美55メートル、四国35メートル、九州北部30メートル。海上は猛烈なしけで、波の高さは九州南部と奄美9メートル、四国8メートル、九州北部7メートルの見込み。(2017/08/05-11:31)