FC2ブログ

史上最大級の小惑星。

9月1日に史上最大級の小惑星が地球のすぐそばを通過するそうです。今回は月と地球の距離の18倍のところを飛んでいくため、地球に衝突する危険はまずないとのことで、ちょっと安心。

ただ、こうした小惑星の通過は年に何回もあります。たいてい、直前になって不意にわかるものですし、通過した後にわかるものもあります。考えてみれば衝突しないのが不思議です。太古の地球はこうした小惑星が滅茶苦茶に衝突して修理固成されたそうですし、木星などの大きな天体では今でもしょっちゅう大きめの小惑星が衝突して話題になります。

ワールドメイトの会員になり、未来の地球に起きるかもしれないことを聞かせていただいた時には、ただただ驚いたものですが、こうして科学が発達して実際に小惑星が通過していくのを何度も見聞すると、やはり冗談ではないのだと思います。

小惑星の監視態勢が整い、地球に衝突の危険がある時には対処策がとれるようになるのはもう少し先ですが、しかし、人類の叡智が結集しつつあることも事実です。

戦争も疫病も飢饉も自然災害による被害もなく、また、小惑星の衝突も回避できる時代がやってくるまで、まだまだ困難は続きそうですが、それはそう遠くない未来でもありそうです。もしかしたら、私達はそんな「ミロクの世」を目撃する最初の世代になるかもしれません。

そう信じて、「ミロクの世」が来るその日まで、神仕組をお支えし、ご神業を全うさせていただきたいと思います。


■9月1日、史上最大級の小惑星が地球近くを通過