衆院選が公示される。

衆議院選挙が公示されました。

まるでワールドメイトのご神業にあわせるかのように、解散が決まり、野党が再編され、あれよあれよという間に公示日を迎えました。

勿論、私達は特定の政党を支持するわけでもなく、特定の候補者の応援もしません。ただただ、神様の目から見てふさわしい方がふさわしいお役につき、正しく日本の国を舵取りして国民を幸せにしてくださるよう、お祈りするだけです。(もちろん、善良な一国民として投票に行きます!)

どうかすばらしい日本の未来が来ますように。


■衆院選公示 1180人が立候補

10月10日 18時00分

第48回衆議院選挙が10日に公示され、12日間の選挙戦に入りました。今回の選挙は安倍政権の継続の是非を最大の争点に、▽自民・公明の与党、▽希望の党と日本維新の会、そして▽共産党や立憲民主党、社民党の3つの勢力を中心に争われる構図です。NHKのまとめによりますと、全国の小選挙区と比例代表を合わせて1180人が立候補しました。
第48回衆議院選挙は10日に公示されました。
今回の選挙は定数が前回よりも10減って、小選挙区289、比例代表176の合わせて465議席をめぐって争われます。

小選挙区は各都道府県の選挙管理委員会で、全国11のブロックからなる比例代表は総務省にある中央選挙管理会で、それぞれ立候補や候補者名簿の受け付けが行われました。