FC2ブログ

過去の「願い事」を振り返ると・・・。

毎年、伊勢でのご神業に向かう際に必ずやることのひとつが等身大形代の「願い事」を考えることです。実は私はここ何年か「願い事」を事前に書き出しています。

基本的に前年の「願い事」を振り返ってから、その年の「願い事」を考えるわけですが、先日、ちょっと前のものを読み返してみて、いろいろとびっくりしました。

まず、大きな「願い事」は基本的に全て叶っています。特に、精進努力の目標や、仕事上の目標などはほぼ必ずといって良いくらい現実化しています。時間が少しずれているものもありますが、基本的に叶う方向に向かっています。

また、「ちょっと気宇壮大かな?」「少しわがままかな?」といったものも、ほぼ全て何らかの形で「証」が出ています。もちろん、それらの「願い事」には叶ったものもあり、叶っていないものもあります。しかし、叶っていない「願い事」というのは、たいてい、後になって「叶わないほうが良かったかな」と思うようなことがあるものです。そうしたことを気づかせていただいた上で、より良い方向に導かれているというのが、私自身が等身大形代で経験した「証」です。

いやはや。なんともありがたいです。今年もまた、新しい等身大形代を降ろしていただき、正月神業で奉納させていただくことができます。その有り難さを噛みしめ、謹んで感謝を申し上げながら、伊勢に、氷見に向かわせていただきたいと思います。