FC2ブログ

首都は銀世界。

大雪の直撃から一夜明け、首都東京は銀世界。雲ひとつない快晴で目を開けるのが眩しいくらいです。

ただ、きれいな景色だと感動してばかりもいられません。昨夜の帰宅困難、今朝の交通混乱、そしてたくさんのスリップ事故とてんやわんやが続いています。事故にあい、お怪我をされた方々にお見舞いを申し上げます。

しかし、これだけの雪が降るということは、やはり少しわくわくすることではあります。時ならぬ大雪は神様がご発動された証と聞いていますから、神霊界ではどんなことが起きているのか。冬神業の深まりで祈りも深まる時期です。ご神業の段がひとつひとつ進んでいる今、ひとつひとつの事象が非常に気になります。

ともあれ、ちょうど残雪が溶け出している頃です。足下が緩んだり、また凍ったりと、注意が必要ですので、どなた様もくれぐれもお気をつけなさいますよう。


■首都圏で大雪、交通混乱 東京都心、4年ぶり20センチ超

日本列島南岸を進む低気圧の影響で、首都圏では22日昼ごろから大雪となり、列車の運休や遅れが相次ぎ、交通機関に大きな乱れが出た。降雪のピークが帰宅時間帯と重なり、都心の駅では入場規制が実施された。

 気象庁は22日、東京地方に大雪警報を発表した。平成26年2月以来で、都心では4年ぶりに積雪が20センチを超えた。

 警視庁によると、スリップ事故などは都内で700件以上起きた。東京消防庁によると、転倒によるけが人は60人を超えた。

 気象庁によると、22日昼ごろに東京や神奈川、埼玉などの平野部で雪が降り始め、夕方に積雪を記録。午後11時現在の積雪は、東京都心で23センチ、横浜市で18センチ、埼玉県熊谷市で19センチに達した。

 関東甲信では23日未明にかけても雪が降り続き、さらに積雪が増える見通し。気象庁は路面の凍結や交通機関への影響に注意を呼び掛けている。