「最強」の寒波が到来。

ちょっと前に欧州や北米の寒波のニュースをみて「大変だなあ」と同情していたものですが、日本にも「最強」クラスの寒波が押し寄せてきました。

東京でも都心でマイナス4度、多摩地区ではマイナス8度以下という強烈な冷え込みとなり、北海道ではマイナス30度という想像を絶する極寒の朝になりました。都心の低気温は48年ぶりとのことです。

度重なる寒波の主因は地球温暖化にともなう気候変動であるという説が有力と聞いています。夏は灼熱の暑さになり、冬は強烈な寒さで苦しめられる時代にすでに突入して久しいです。なんとかして地球がもとの姿に戻って欲しい、と心から祈ります。

ともあれ、大雪が溶け出した後の寒波襲来ですから、路面はツルツルの箇所が多いです。どうぞ皆さん、移動にあたっては十分にお気をつけになり、お怪我をなさらず、お風邪なども召されませんよう。


■最強寒波で都心-4℃ 48年ぶり冷え込み

■「水が出ない」都内で相次ぐ 府中で零下8.4度

■この冬全国で初めて-30℃下回る 北海道