阿蘇の規制、解除。

伊吹山神業の最中ですが、こういう時に嬉しいニュース。

阿蘇山の立ち入り規制が解除されるそうです。あの震災に観光客減という厄介も重なり、地元の方々には苦しい日々が続いていましたが、ひとまず火山活動のほうが収束しているのであれば、未来に明るい兆しがみえてきたといえます。復興が加速し、熊本が益々発展しますように心からお祈りします。

同様に日本中で活動を活発させている火山がありますが、その全ての活動が収束し、一切の被害も不安もなく人々が生活することができますように。


■阿蘇・中岳の規制28日に解除=火口周辺、3年半ぶり-熊本

熊本県阿蘇市や関係機関でつくる阿蘇火山防災会議協議会は26日、阿蘇山・中岳の火口周辺への立ち入り規制を28日午前10時半に解除すると決定した。火山活動が活発化し、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた2014年8月以来、規制を続けていた。
 中岳は16年10月、第1火口で36年ぶりとなる爆発的噴火が発生。安全柵やガス検知器などが損傷し、市などが復旧を進めている。17年2月には警戒レベルが1に引き下げられていた。