霧島、新燃岳が爆発的噴火。

引き続き神事中ですが、、、というより神事中だからでしょうか。

霧島の新燃岳が爆発的な噴火をしました。先日のような小規模噴火ではなく、2011年以来の7年ぶりの大噴火です。すでに航空便などの交通機関も大いに影響を受けているようです。

深見先生がおっしゃった通り、日本中が鳴動しているようで戦慄するばかりです。さらに祈りを極めなければ、と心から思います。

もちろん、地元の方々や観光客に実害が出たら大変なことですので、一切、被害がでないようにとも祈り続けたいと思います。新燃岳以外にもヤバい火山も多いです。それらの火山のこともあわせて、しっかりとお祈りしたいと思います。また、一人でも多くの九頭龍師が増え、こうした自然災害の被害をゼロにおさえることができるといいなと、心から思います。



■新燃岳、7年ぶり爆発 鹿児島空港欠航相次ぐ

霧島連山の新燃岳は6日午後2時27分から同3時9分にかけて、爆発的噴火(爆発)を3回観測した。新燃岳の爆発は2011年3月1日以来、7年ぶり。
 鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さは最高で2300メートルに達した。火口の外に飛散する大きな噴石は確認されていない。
 新燃岳では1日から噴火が継続しており、6日は霧島市方面に降灰があった。降灰の影響で、午後3時現在、鹿児島空港発着の少なくとも44便が欠航した。