島根で震度5強

深夜の島根県で震度5強の地震です。お怪我をされた方がおられるとのことですし、余震はまだ続いているようですので、被害の状況が気がかりです。

中四国の方とお会いすると、地震が少ないことが魅力、とおっしゃることが多かったですが、これだけ環太平洋火山帯の活動が活発化した今、そうでもなくなってきました。北海道から沖縄まで、日本中まんべんなく、いつ、何があってもおかしくはないようです。

ワールドメイトには北極免因超修法や地震災害を防ぐ豆木など、いくつも降ろされていますが、やはり転ばぬ先の杖があるのはありがたいことです。謹んで感謝しつつ奉納させていただき、全国、全世界でこうした災いが起きないよう、祈り続けたいと思います。



■島根で震度5強の地震 4人けが、自衛隊に災害派遣要請 1週間程度は揺れに注意

9日午前1時32分ごろ、島根県西部で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は同県西部で、震源の深さは12キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。今後1週間程度は、同規模かさらに大きな地震が発生する可能性もあり、注意が必要だ。島根県大田市によると、地震により市内で4人がけがをした。