FC2ブログ

「麒麟がくる」!?

再来年のNHK大河ドラマが決まったそうです。

タイトルは、なんとなんと「麒麟がくる」!!!

明智光秀が主人公とのことですので、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった「天下人」が織り成した時代が舞台となります。(そういえば、明智光秀も3日間とはいえ「天下人」でした)

いやはや。まさか「麒麟」とは、、、。

こういうタイミングでこんなニュースが出るとは、打てば響くような、生ける実在の神居ますことを感じる話ですね。


■再来年大河ドラマ 「麒麟がくる」

再来年、放送されるNHKの大河ドラマは、戦国時代の武将、明智光秀を主人公に、英雄たちが天下を巡って争う姿を描く「麒麟がくる」に決まりました。

再来年の大河ドラマに決まった「麒麟がくる」は、戦国時代、知力にすぐれた武将ながら、「本能寺の変」で主君、織田信長を討った明智光秀が、斎藤道三らの武将に能力を見いだされる過程を描くとともに、英雄たちの天下を巡る興亡を追うドラマです。
19日は、東京・渋谷のNHK放送センターで、主人公の明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さんも出席して制作発表の記者会見が開かれました。
長谷川博己さんは数々のドラマや、映画「シン・ゴジラ」など、テレビから舞台まで幅広い分野で活躍していて、NHKの大河ドラマには5年前放送された「八重の桜」に主人公の最初の夫役で出演しています。
長谷川さんは、「明智光秀はミステリアスな人物だが、俳優として演じきることで、三日天下とは言わず、1年くらい天下をとってみたい」と話していました。
大河ドラマ「麒麟がくる」は来年夏から撮影が始まり、再来年、2020年の1月から1年間、放送されます。