南北首脳会談、始まる。

朝鮮半島の南北首脳が歴史的な会談をします。

思えばワールドメイトの1995年の第1次国防神業以来、ずっとずっと南北両国が話し合いによって平和に至ることを祈り続けてきました。

もちろん、北朝鮮には何度も何度も裏切られてきましたが、それでも戦争という最悪の事態は免れ続けてきており、今日のこの会談を迎えたことには感慨深いものがあります。

今日から石鎚山でゴールデンウィーク神業が始まります。今日の南北会談、そして、まもなく行われる米朝首脳会談に全てがかかっています。真の平和が訪れますよう、最後の最後まで祈り続けたいと思います。


■南北首脳会談、両首脳が非武装地帯で握手

【4月27日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領は27日、南北首脳会談のため韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線を訪れた。歴史的な首脳会談を前に両首脳は温かい握手を交わした。

 朝鮮戦争(Korean War)後に北朝鮮の最高指導者として初めて韓国に入った金委員長に、文大統領は「お会いできてうれしいです」と述べた。両首脳は短時間、軍事境界線を越えて北朝鮮側に足を踏み入れた後、徒歩で軍事境界線上の板門店(Panmunjom)の韓国側の施設「平和の家(Peace House)」に向かった。金委員長は芳名録に「新たな歴史はこれから、平和の時代、歴史の出発点で」と書き込んだ。

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は27日、金委員長は南北関係の改善と朝鮮半島の和平、繁栄、統一の実現に関するあらゆる問題について率直に協議する意向だと報じた。KCNAは非核化には言及していないが、北朝鮮の核兵器は南北首脳会談の主要な議題となるとみられている。(c)AFP