北朝鮮が一転して態度を硬化?

もうひとつ、お祈りをしながら思ったことです。

いつもながら深見先生が神様から教えられたことは正確です。ゴールデンウィーク中に南北首脳会談で世間が湧いたことに冷や水を浴びせるように、北朝鮮が一転して態度を硬化する素振りをみせています。やっぱり油断などは決してできない国です。

しかしながら、和平への動きが滞ったり、妙な感じで和平がまとまったりすれば、将来、大きな悲劇につながりかねません。

星差し替えの受付が再開されています。世界要人の星を平和的に繁栄するものに変えていただきますようにと、改めて深い祈りを捧げたいと思います。


■米朝会談へ緊密に協議=北朝鮮の動き分析-米韓首脳

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領とトランプ米大統領は20日午前、電話で会談した。韓国側によると、6月12日に予定される米朝首脳会談の成功に向け、ワシントンで今月22日に開かれる米韓首脳会談などを通じ、緊密に協議していく方針を確認。「北朝鮮が最近見せているさまざまな反応」についても意見を交換したという。
 北朝鮮は米韓合同の航空戦闘訓練「マックス・サンダー」に反発、南北閣僚級会談の延期を韓国側に通告し、訓練の中止を要求。米朝首脳会談に関しても、「一方的な核放棄だけを強要するなら会談を再考するほかない」と警告している。電話会談では、北朝鮮が一転して態度を硬化させた背景を分析し、対応を話し合ったとみられる。(2018/05/20-14:08)