大阪で震度6弱

大阪で震度6弱の地震です。亡くなった方のご冥福を心からお祈り致します。また、余震がおさまり、被害が一切、広がりませんようにとお祈りします。

今後も大きな地震の発生が警戒されるとのことです。ここ数日、少し大きめの地震が続いていました。千葉沖のスロースリップなど、日本列島周辺に大きな地震エネルギーが溜まっていることをうかがわせる事象も起きています。

どうか何事もなく、地震も、火山も、津波を全ておさまっていくよう祈り続けたいと思います。


■大阪北部地震 有馬高槻断層南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源か 専門家、余震警戒呼び掛け

6/18(月) 9:13配信 産経新聞

 大阪府北部で発生した震度6弱の地震について、梅田康弘・京都大名誉教授は「有馬高槻断層の南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源と思われる」とし、「高槻の北部は小規模地震がよくみられるが。ひごろあまり地震が起きていないエリアだ。マグニチュードの大きさの割には、震源が浅いので揺れが大きくなった。余震に注意したほうがいい」とした。

 また、遠田晋次・東北大災害科学国際研究所教授は「いつも地震がある高槻あたりより南よりなのが気にかかる。上町断層への影響が心配だ。このあたりは、熊本と似て、断層の密集地。いつも起きている大阪北部の地震より大きかった。阪神大震災の余震より大きかったのではないか。周辺断層への影響が考えられる。余震のみならず、さらに大きな地震への警戒が必要だ」と警戒を呼びかけた。