まだまだ注意が必要のようです。

昨日の大阪北部を震源とする大きな地震から一夜明けましたが、大きめの余震がまだ続いています。政府は1週間程度は余震に注意するよう呼びかけています。対象地域の方々はどうかくれぐれもお気を付け下さいますよう。

しかし、世間が警戒しているのはただの余震だけではないようです。千葉沖で発生していたスロースリップの現象や、千葉や群馬での地震とあわせて考えて、「南海トラフ地震の前兆では」という懸念も浮上しているとのこと。

ワールドメイトでは週末にはまた関西の琵琶湖に結集し、大切なご神業が行われます。大きなご神威が働いているような気もしますが、私たちとしては、大難を小難に、小難を無難に、と祈り続けるほかはありません。

どうか、今後も一切の被害がありませんよう。


■未明に余震か、京都府南部と大阪府北部で震度4

2018年06月19日 00時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

■「南海トラフの前兆か、大地震が現実的に」と専門家 大阪地震女児ら3人死亡

2018.6.18 13:28 AERA dot.