FC2ブログ

地球に「温室化」の危機が迫る?

欧州を中心にした科学者グループが衝撃的な報告書を発表しました。もし、世界中の国が温室効果ガスの削減目標を達成したとしても、地球は「温室化(ホットハウス化)」してしまうだろうとのこと。その場合、地球の気温は摂氏4~5度くらい上昇するそうです。

すでに地球気温は産業革命前から1度ほど上がってますが、それでもこれだけ気象災害が相次いでいます。毎年のように最高気温更新が報道され、想像を絶する被害が出ていますが、にもかかわらず各国の足並みは揃いません。

地球気温の4度上昇というのは、多くの生物が絶滅するレベルの大変動です。人類が居住できる面積も限られてきますが、それ以前に100億人を越える人々が生存するための水や食料の確保がまず困難になります。水や食料を求めて人々が国家ぐるみで移動を開始したら、、、その先はもう考えたくもありません。

「温室化」の恐ろしさはそれで終わりでないことです。例えば太古の昔の金星は、今よりずっと涼しくて、海もあり、陸地もあって、生物が居住できる可能性すらあったそうですが、なんらかのきっかけで温室ガスが大量に排出された結果、「温室化」の悪循環にはまってしまい、400度近い気温の中を濃硫酸の雨が降りしきる過酷な環境へと変化しました(星ツアーで拝見するあの美しい金星は、神霊界の姿です)。地球の「温室化」が加速するならば、人類も、あらゆる生物も、この星に住めなくなるかもしれません。

もちろん、巨大な火山噴火や太陽活動の増減、銀河系内での太陽系の位置など、人為的理由とは全く違う気候変動の要因もあります。また、海洋や大気のメカニズムなどに、私たちがまだわかっていないものがたくさんあることは、ワールドメイトでも教えていただいていますから、この報告書が予測する未来がそのまま現実化するとは限りませんが、しかし、傾聴すべき科学的見解かと思われます。

科学者を含む誰かが「悪い予言」が出したとき、それが現実のものにならないよう弭化していただくために、この神仕組が降ろされています。本当に困難で大変な時だからこそ、すべての試練を越え切って、ミロクの世を迎えるその日まで、神仕組をお支えし、祈り続けたいと思います。


■地球は「温室化」のリスク、温室効果ガス削減では不十分=報告書