FC2ブログ

「新しい豆木」が降ろされた!

豆木も神寿符も奉納させていただき、最後のお祈りをさせていただいていましたが、まだ、なんだかもやもやしていました。気分が沈んだり、イライラしたりで、とにかく苦しい、苦しい、、、。

「奉納忘れがあるのかな?」と何度も確認しましたし、「お祈りが足りないのかな?」と祈りの時間と回数を増やしましたが、それでもまだすっきりしません。毎年、毎年、お盆の御神業は、奉納と同時に体重が半分になったようにすっきりするだけに、なんだか妙な感じです。

・・・と、不思議に思っていたら、「最後の豆木」が降ろされたと伺いました。上がるに上がれないご先祖様達のために新しい豆木が降ろされ、火曜の夜11時まで豆木の受付を延期していただいたとのこと。

「これだー!!」と思って新しい豆木を奉納させていただいたら、背中、そして、胸から下にかけてわだかまっていた「何か」が、ひゅうっと音がするように抜けていき、体のなかを一陣の涼風が吹き抜けていくような清々しい気分になりました。体重も半分になったように軽やかで、後から後から幸せな感覚が湧いてきます。

いやはや、まさに打てば響くような神の証です。生ける本物の神がおられる斎庭でご神業をさせていただくことの、なんと有り難いことでしょうか。

それにしても、私のような者でもこれほど苦しかったのですから、深見先生はどれほどのお苦しみでしょうか。これからまた最終お取り次ぎをしていただくことに、どれだけ感謝をしてもし尽くすことはできません。

深見先生、本当にありがとうございます。