FC2ブログ

「12万年ぶりの暑さ」だった・・・?

ようやく気温が下がり、過ごし易くなりましたが、今年の夏の暑さを思い返すとぞっとするものがあります。

ここ数年の世界気温は過去12万年で最も暑く、しかも、気温上昇が加速しつつあるといいます。その原因はどうあれ、地球温暖化が凄まじい勢いで進行中であることは、米国政府機関も認めざるを得ない科学的な事実です。

「のど元過ぎれば熱さを忘れる」という諺がありますが、涼しくなってきたからといって油断し、緩むわけにはいきません。

台風が異常なペースで発生し、異常な頻度と異常なコースで日本列島に上陸してくるのも、地球温暖化が原因とみられます。日常的にゲリラ豪雨が頻発して、天気予報が当てにならなくなっていますし、冬になったら大寒波や大雪被害が警戒されますが、こういう気象災害が頻発していることの背景にも、地球温暖化があるといわれます。

ワールドメイトには北極免因超修法や命乞い形代など、こうした時代を乗り越えるための救済の方法がたくさん降ろされています。油断せずに、祈りを積み重ね続けたいと思います。


■ここ3年の地球の夏は12万年ぶりの暑さだったかもしれない件(NASA)


■「我々は未だかつて経験したことのない猛暑を次々と体験することになる」は本当だった。2018年上半期ですでに気候変動問題が明確に

■読みが甘かった。「気候変動による猛暑増加は予想以上に加速している」NASA科学者が警鐘