FC2ブログ

ヨーロッパ神界のご発動?

ワールドメイトの石鎚山でお出ましになったヨーロッパ三主神にお祈りしていたら、数日前のニュース記事を思い出しました。三主神のうち一柱はギリシャのあの神様でもありましたが、そのギリシャでもM6.8の強い地震が発生していました。

過去記事で時間を確認してびっくり。日本時間で10月26日午前7時50分だったとのこと。石鎚山神業の終了時刻は「10月26日午前9時過ぎ」ですから、まさに神事のクライマックスにギリシャで地震が起きていたわけです。あまりのタイミングに言葉も出ません。

なお、この地震での死者は出ていないものと思われるとの報道があり、その後、特にこれといった被害報道はありません。誰も不幸にならなかったのだとしたら、これほど嬉しいことはありません。

ちょうど神事終了から3日後にメルケル首相が引退し、イタリアに暴風雨が吹き荒れるなど、欧州に、世界全体に、強力な証が出続けているようですが、いずれにせよ、全ての人々が幸せになる形でご神力が発動されますようにと、心から祈り続けたいと思います。



■ギリシャ沖でM6.8の地震、「死傷者が出た可能性低い」 USGS


【10月26日 AFP】(更新)ギリシャ沖のイオニア海(Ionian Sea)で26日午前1時50分(日本時間同日午前7時50分)ごろ、マグニチュード(M)6.8の強い地震が発生した。人気観光地として知られるザキントス(Zakynthos、ザンテ)島でも揺れが感じられた。米地質調査所(USGS)が明らかにした。

 震源はザキントス島の南沖で、震源の深さは16.6キロだった。

 ザキントス島の中心街では停電が発生。消防当局によると、土砂崩れにより道路網に被害が出たが、これまでのところ住宅への被害報告はないという。

 現地メディアの報道によると、ザキントス島近くの小さな島にある12世紀のビザンツ(Byzantine)帝国時代のモニュメントが深刻な被害を受けた。

 USGSによると、M5.0の前震があったほか、複数の余震が起きている。死傷者が出た可能性は低いという。(c)AFP