FC2ブログ

日本政府、攻勢に出る。

「徴用工」と称する人々への韓国の最高裁(大法院)判決には驚きましたが、日本政府も強い姿勢で動き出しました。

これまでとは違う日本の態度に、韓国側も驚いているようです。外交や裁判が絡むことですので、あまり軽々に論じるべきではないと思いますが、道理に合わないことがいつまでもまかり通るのは良いことではありません。

とはいえ、東アジアの情勢が激変するなかで、また新たな波風が立っていることも、良いことではないのは確かです。「ドラゴンと鳳凰神事」、「北朝鮮トドメの平和神事!!」など、ワールドメイトではまだまだ2018年の正月神業の奉納をお許しいただいています。きちんと道理に添う形で、感情的にも納得しながら、お互いの国民が幸せになる方向性に物事が進みますようにと祈り続けたいと思います。


■徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず

■日本、韓国をWTO提訴へ 造船補助金は協定違反