FC2ブログ

「自国第一主義」か、「国際協調」か。

世界人類が結束して解決すべき問題がたくさんあるのに、先月のAPECやG20では国際協調よりも、むしろ、主要国が「自国第一主義」を標榜して、バラバラになっている様が浮き彫りにされたようです。

G20の直前に発生したロシアとウクライナの艦船による銃撃・拿捕事件でも、国際社会はなんら有効な策をとれていません。こんなことで「第3次世界大戦は止められるのか」と疑問を呈する記事を見ましたが、世界中に不安が広がっているのはやむを得ないといえます。

しかし、こ世の中が悲観的になる時こそ、私達は希望を持って祈りを結集し続けたいと心から思います。この神仕組は災いを先天のうち、無形のうちに弭化していただける唯一の方策が降ろされています。これまでも世の中を惑わせた幾多の忌まわしい予言を、無形のうち、先天のうちに、未然に解決し、救済していただきました。

もう師走ですから、年末のご神業、そして正月神業が近づいてきており、祈りの裾野を広げ、祈りを極めるべき時期です。しっかりと国際政治を勉強し、世界がどちらに向かっているかをよく認識した上で、強い祈りを捧げ続けたいと心から思います。




■第3次世界大戦は止められるのか G20首脳会議が残した不安