FC2ブログ

毅然として「言向け和す」ためには、、、

昨年末からまた一段と悪化している日韓関係ですが、いわゆる「徴用工」や「レーダー照射」の問題など、年が明けてもさらに事態が悪化しています。

世界中に混乱と混沌が広がろうとするときに、隣国がわけのわからないことを仕掛けてくるのは、どうも面食らうような話です。いろんな憶測があるようですが、かなり重大な背景があるとしか思えないものがあります。

もっとも、元号が変わる年の前後の世界情勢は容易ならざるものがあるということは、ワールドメイトで以前から教えていただいていたことです。昨年の縁結びで結んでいただいた「悪役」がこれなのかどうかわかりませんが、改元にともなう混乱を乗り切って、国運を開いていただき、良い方向に導いていただくしかありません。

人智ではこんがらがってしまう相手ほど、神力をご発動していただき、「言向け和す」ことが大切だと思います。幸いにも正月神業でお許しいたいだた「新元号が始まり、国運がかわる時に起きる混乱が最少限度で、国運が隆昌するようみそぎ祓いする神事!」など、ワールドメイトには切り札がいくつも降ろされています。

ただひたすら愛念の祈りを極めて、困難を乗り切り、国運が隆昌するよう祈り続けたいと思います。


■防衛相「韓国動画」に「驚いた」 不自然さを指摘

■日本政府「極めて遺憾、韓国に協議求める」 微用工判決で資産差し押さえ問題