FC2ブログ

日本の領土、領海、EEZが減ったり、増えたり。

日本の領土、領海、EEZの大きさは、けっこう激しく変動をし続けているようです。

北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」は、自然の浸食で消失した可能性があるとのことです。政府は調査を開始したそうですが、一定の条件を満たさなくなったならば日本の領海が狭まる恐れがあります。

自然作用で領土で減っていくのは国威の上でも問題であり、今後、日本が直面する国難に思いをいたすにつけ、気を引き締める必要があると思われます。

一方、領土やEEZが拡大してるところもあります。火山活動が続いた小笠原諸島の西之島はさらにその面積を広げています。戦争で領土を獲得するのではなく、平和的に自然な作用で国威が増していくのは素晴らしいことです。

いずれにせよ、過去、改元にともなって世界地図がガラリと変わるほどの大きな変化がみられました。今も日本を含む多くの国が大きな変化に直面していますが、とにかく平和的に、皆が幸せになる方向で、ご神力が発動し、国威が増していきますよう、引き続き祈り続けたいと思います。


■北海道の小島消失か、調査始まる 領海狭まる恐れも (5/21 日経新聞)

■西之島、面積微増=領海、EEZも拡大-国土地理院など (5/22 時事通信)