FC2ブログ

日本タンカーが攻撃される。

なんと安倍首相がイランを訪問しているその最中に、日本と台湾のタンカーが攻撃を受けました。乗組員が怪我されたものの命は無事という報道は良かったですが、今後の影響についていろいろと考えさせられます。

中東情勢が一触即発となり、米国とイランを仲介できる人物が他にないために、日本の安倍首相に白羽の矢が立ちましたが、やはり一筋縄ではいかない問題です。

現時点でイランは攻撃への関与を断固として否定していますが、米国はイランの仕業と言って非難しています。真偽はわかりませんが、日本関連船舶だとわかって攻撃された可能性は高いようです。

日本が戦争に巻き込まれるわけにもいきませんが、中東の緊張がこのままエスカレートしていくのも大きな悲劇です。決して、あっていいことではありません。

こういう時こそ、神力の出番だと思います。こんごらがって解くに解けない問題であるからこそ、人智を超えた神様の叡智とご神力をご発動していただき、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくよう、祈り続けたいと思います。



■日本タンカー攻撃受ける 米国務長官「責任はイランに」 (6/14 FNN)