FC2ブログ

中東の危機を弭化していただけますよう。

どうもまた中東がキナ臭くなっています。

イラン軍(革命防衛隊)やイランに支援される武装勢力から、ペルシャ湾やホルムズ海峡の海上交通路を防衛すべく、米国が「有志連合」を編成する話が浮上しています。当然、日本もこれに誘われる可能性が高いようです。

先月、日本タンカーが攻撃されたのは記憶に新しいですが、英国タンカーも拿捕されかけたそうです。誰がやっているのかわかりませんが、米国とその同盟国の船舶が狙われているのは間違いなく、確かに、日本としても他人事ではありません。

しかし、「有志連合」を組んで自衛隊が護衛に駆けつけるなら、戦闘に関与する恐れは高くなります。安倍首相がイランを訪問したりして戦争を食い止めようとしている時に、中東情勢が本格的に炎上したり、日本が戦争に巻き込まれるのはなんとしても避けたいところです。

最上のシナリオは一切の災いが発生する前に、先天のうち、無形のうちに災いが消滅し、大難を小難に、小難を無難に弭化していただくことです。

風雲急を告げてきたこのタイミングで、ワールドメイトでは星差し替えのお取り次ぎが迫っています。関係する指導者達が改心し、叡智を集め、悲劇が避けられ、人々が幸せに世を送ることができますよう、心から祈り続けたいと思います。


■中東タンカー護衛で「有志連合」、参加国を数週間で決定へ=米軍トップ(7/10 ロイター)

■イラン軍事組織、英タンカーを拿捕未遂…報復か(7/11 読売新聞)