FC2ブログ

ワールドメイトの先祖供養は、本当に本当に嬉しく幸せなご神業のひとつです。

「夏本番!」という暑さです。世間では暑さに疲れ切った表情の人々が多いようですが、ワールドメイトの先祖供養の奉納をするとわくわくして、なんだか心の底から元気が湧いてきます。

「親孝行したい時には親はなし」という言葉があります。亡くなってしまった両親や祖父母、そのまたご先祖様などに孝行する方法などありませんが、ワールドメイトにいればはるか昔の30代までの先祖まで遡って特別な供養を申し込むことができます。

お寺のご供養は33回忌までで、その後は「墓じまい」をして何もしないということさえあると聞きますが、ワールドメイトでは途切れることなく供養させていただけます。本当に生ける実在の神が降りておられ、神通自在の深見東州先生がおられるからこそできることです。

それから、あまり期待してはいけませんが、供養すれば供養したぶん、ご先祖様がありやかに「お返し」をしてくださることが多いのもワールドメイトの先祖供養の特徴のひとつです。目に見えない世界の存在のありがたさを体験するにあたって、本当に尊い機会でもあります。

7月の先祖供養などの受付を少し延長していただきました。奉納漏れがないかよく確認させていただき、神様とご先祖様、そして深見先生に深い感謝をさせていただきつつ、お取り次ぎを待ちたいと思います。