FC2ブログ

英国もまた強硬姿勢に。

欧州情勢もまた懸念が再燃しています。英国のジョンソン新政権はEUからの離脱について、強硬な態度で独仏とやり合っているようです。

「合意なき離脱」ということになれば、世界恐慌レベルの災厄になりかねないと、ワールドメイトでは早くから懸念されてきましたが、その期限が刻一刻と近づきつつあります。

私達は特定の政治家や政治勢力を応援するわけではありませんが、日本をはじめ世界の国々がもっとも素晴らしい形で調和し、平和のうちに繁栄することを強く強く祈り続けています。

背景には尊い神のおぼしめしがあるはずですが、とにもかくにも大難が小難に、小難が無難にまつりかえられ、英国、欧州、そして全世界の全て人々が幸せに暮らしていけるよう、これからも祈り続けたいと思います。


■「合意なき離脱」回避の道見えず 英首相、独仏と会談 (8/22 日経新聞)