FC2ブログ

英国は「合意なき離脱」を回避できるか。

英国のEU離脱問題がは最後の土壇場の状況です。しかし、この最後の最後の土壇場になって、また迷走し続けています。

ジョンソン首相がEUとの間で「新協定案」をまとめてきたことで、「合意なき離脱」を回避する可能性が浮上したようですが、英国議会はこの案の採決を「保留」にしたまま、関連法案の採決を優先させるといいます。

先に成立した法律に基づき、これによってジョンソン政権は離脱期限の再延期をEU側に求める義務が生じたそうですが、ジョンソン首相には期限を延期するつもりはないといいます。いったいどうなるのか。。。

何が何やらさっぱりわからないまま、離脱期限があと10日に迫っています。「合意なき離脱」が回避されなれければ、英国だけでなく世界の経済への影響は甚大だとみられているだけに、非常に気になる話です。

それゆえに、こういうタイミングでワールドメイトで宇宙秘儀が行われるというのは、非常に興味深く、意義深いことだと思われます。明日からのご神業で、英国をはじめとする世界の諸問題が解決されるようにと、あわせて祈り続けたいと思います。


■英政権、「10月末離脱」へ議会と攻防 関連法案提示へ (10月22日 日経新聞)