FC2ブログ

夜空に何かの「前兆」か?

冬の夜空を代表する星座であるオリオン座に、ここ数か月、異変が生じているようです。

「超新星爆発する可能性がある」とされるベテルギウスが、急速に明るさを失っているとのこと。専門家の中には「1年以内に爆発する前兆では」という説を唱える人もいるそうです。

700光年も彼方にある星ですので、実際には700年前に爆発しているのかもしれませんが、このクラスの星が超新星爆発を起こしたならば、冬の夜はまるで昼のように、夏は昼間でも星の位置がわかるくらい、明るく強烈な光を放ち続けるとのことです。

ご神業の段がどんどんと進み、人類の歴史も転換期にある今、宇宙の彼方にこうした「前兆」が起きていることは、決してただの偶然とは思えません。

きっと何かすごいことが開いていくはずだと信じて、伊勢に、氷見に向かっていきたいと思います。

■オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者(12月27日 CNN)