FC2ブログ

環太平洋火山帯

また、南太平洋で大地震です。

今回は被害も大きく、津波まで発生しました。被災者の方々の安否が気遣われます。

それにしても、2004年に環太平洋火山帯を司る神様が発動されて以来、この地域で本当にたくさんの地震が発生しています。ちょっと昔まで、こんなにしばしばM8級の大地震がおきていた記憶などありません。

しかも、神事が盛り上がったとき、劇団が公演をしたときなどに、ぴたりと合わせるように大地震が起きるのです。不思議でなりません。

今回も、深見先生のオペラ公演のその日です。すごい偶然ですね。

とはいえ、被害が出ることは、痛ましいことです。被災地の一刻も早い復旧を願うとともに、いかなる理由によっても苦しんだり悲しんだりする人がいないように、祈りたいと思います。



■犠牲者増える、110人超 サモア近海のM8.0の地震
(CNN) 南太平洋のサモア諸島周辺で29日午前発生したマグニチュード(M)8.0の地震で、犠牲者数はサモアが84人、米領サモアが22人、トンガ7人となった。これら3カ国・地域の災害対策当局などがまとめた。このうち、少なくとも111人の死亡が確認された。

被災地の被害概容はまだ判明しておらず、救出作業が進むと共に死亡者がさらに増える恐れもある。行方不明者もいる。被災者数は明らかになっていない。

トンガでは通信手段が断絶、政府省庁、民家も崩壊、空港滑走路も被害を受け、救援機が着陸できない状態にある。米領サモアでも当初、同様の被害が報告されたが、政庁所在地パゴパゴの空港は使用可能だという。米国防総省は救援活動を

支援するためハワイ州の州兵の出動を発表した。