FC2ブログ

米国、非常事態宣言

神事中ですが、というより、神事中だからでしょう、世界が動いています。

新型インフルは、「本場」アメリカ大陸で爆発的な大流行をしており、ついに合衆国では「非常事態宣言」が発令されました。

感染者はすでに百万人に達しており、これから冬を迎えるのですから、いったいどこまで拡大するのか予想もつきません。

まさに今、宇佐のご神域でてんびん座に向かい、疫病防止、パンデミック退散を祈っている最中です。

新型インフルですらこの騒ぎですから、鳥インフルや「エルス」が人から人に感染するようになれば、いったいどれだけの被害がでるのでしょうか。

誠の結集とともに、神気がだんだん濃くなっていくのを感じながら、祈りを極めたいと思います。


■新型インフルで「国家緊急事態」=政府に非常対策の権限-米大統領が宣言

 【ワシントン時事】米ホワイトハウスは24日、オバマ大統領が、新型インフルエンザ流行に関して「国家緊急事態」を宣言したと発表した。新型インフルエンザ対策に必要な医療・衛生措置について、政府の担当当局に通常の議会手続きを経ずに機動的に実施できる権限を付与する。
 米国では新型インフルエンザによる死者が1000人を突破、感染者は数百万人に上っている。
 大統領は23日に署名した宣言で「感染拡大阻止へ政府や個人、地域社会のあらゆるレベルで前例のない対応を取ってきたが、米国中で感染者数は急速に増え続けている」と警告を発した。(2009/10/25-01:40)