FC2ブログ

日本と英国

日英首相が、地球温暖化対策でタッグを組んで米国と中国に働きかけるというニュース。

こういうのを聞くと、嬉しくなりますね。

COP15にむけての駆け引きが本格化していますが、鍵になるのは、米国がどこまで本気になるか、そして中国をどこまで引っぱってこれるか、この二つです。

中国を動かすには米国が動くしかありません。そしてその米国の最大の同盟国が日英です。まったくもて、日英が動いてこそ世界は救われる構図です。

ワールドメイトでは、「鶴と亀の歌」に秘められた密意や、「鶴の国(イギリス)と亀の国(日本)」の意味するところなどが明かされていますが、実にまったくその通りに神仕組が進んでいる様にあらためて驚きます。

私たちの目に見えないところで、神のドラマはどんどん進んでいます。もちろん、マスコミ報道や学者さんの研究ばかり見てもわからないところだらけです。

しかし時折こうして決定的なところで、神様のおっしゃったことが本当だったことを、私たちは痛感させていただくことができるのです。

神仕組はますますスケールアップし、ご神業も、深見先生のご活動も、同時並行で次々に進んでいきますが、全ては「毛筋の幅ほども違わぬ」正確さで、着々と進んでいるのですね。

これからいくつもの山坂を越え、いくつもの大どんでん返しを迎えることでしょうが、人類がみろくの世に向かって導かれていることだけは、どうやら間違いないことのようです。


■日英首相が電話会談「COP15に米中関与を」

2009.11.24 23:10

 鳩山由紀夫首相は24日、ブラウン英首相と電話会談し、12月にコペンハーゲンで開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の成功には、温室効果ガスの主要排出国である米中両国の関与が必要との認識で一致した。

 ブラウン首相は「COP15では新たな枠組みで野心的な合意を目指すべきだ。欧州連合(EU)もできる限りのことをしたい」と強調。鳩山首相は「日本も意欲的な目標を目指したい。特に中国の関与が重要だ」と指摘した。ブラウン首相は早期の訪英を要請。鳩山首相は前向きに応じる考えを示した。