北陸で大豪雪。

北陸で大豪雪が続いています。

雪に慣れておられる地域でしょうが、平年の6倍というのは凄まじいことです。基本的に雪はご神威が発動する証といいますが、雪「害」となるのは困った話です。

道路上で動けなくなった車や、家から出れなくなった事例など、命の危険を感じるケースもかなりあると聞きます。どうか皆様ご無事でありますよう。


■北陸の雪、引き続き警戒を 福井の積雪、平年の6倍超

2018年2月7日12時02分

北陸地方の降雪はいつまで続くのか。気象庁によると、福井県では北部を中心に大雪の予報が続いていたが、7日夕方からは雪がやみ、所により曇りになっている。また、石川県では7日夜遅くまで雪が降り続く見込み。

 7日午前11時現在の積雪量は福井市で136センチ、福井県中部の越前市で107センチを記録。それぞれ平年と比べて6倍以上となっている。また、金沢市は77センチで平年より5倍以上、富山市は69センチで平年の3倍近くに上っている。

 記録的な大雪の原因は、北陸地方の上空約5千メートルに平年より約10度も低い零下39度以下の強烈な寒気が流れ込んでいることが影響している。福井地方気象台などによると、この寒気とともに雪雲が流れ込んでいるといい、東日本も含めた日本海側では8日まで雪が降り続く見通し。

 8日午前6時までの24時間の降雪量は福井、石川両県で最大40センチ、富山県で同50センチと予想されている。

 各地の気象台では、雪による交通障害や低温による路面の凍結、なだれなどに注意を呼びかけている。

アメリカがパリ協定に復帰?

トランプ大統領がTPPへの残留に続き、パリ協定にもとどまる可能性を示唆したそうです。

TPPと同じくごちゃごちゃと難しい注文をつけることが条件のようですが、基本的にはパリ協定の意義を認めたことになり、アメリカが地球温暖化対策をきちんとやる可能性があるといえます。どこまで信用してよいのかわかりませんが、こうして180度、態度を転換するのは驚くべきことです。

深見先生からのメールマガジンで教えていただいたようい、北極免因超修法やこと座のベが、そしてマッターホルン開きのお取り次ぎがすべて終了した直後に、こうしたニュースが連続そて出てきたことは、とても偶然とは思えないものがあります。

節分、伊吹山とご神業が続きますが、一つひとつのご神業がどれほどありがたく、意義深いものなのか改めてわかった気がします。


■パリ協定「戻るチャンスは常にある」 トランプ氏が言及

トランプ米大統領は、英国で28日夜に放送された民放ITVのインタビューで、離脱を表明している地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」について「よい取引になるなら戻るチャンスは常にある」と語り、米国にとって有利な合意になる場合は復帰を検討する考えを改めて示した。

 トランプ氏は昨年6月、パリ協定からの離脱を表明。協定を推進する欧州諸国などは、再交渉は認めない立場を取っている。

 インタビューでトランプ氏は、パリ協定について「米国にとってひどい取引だった。不公平だった」と繰り返し批判したうえで「もしパリ協定に戻ってこいと言うなら、完全に違う取引でなければならない」「戻る気があるかって? そうしたいが、米国にとってよい取引でないと」と語った。

「最強」の寒波は続く。

今朝も寒い朝でした。都心で2日連続マイナス3度以下というのは53年ぶりだそうですし、さいたまではマイナス10度に近くまで冷え込んだそうです。水道管が凍ったり、電力供給が逼迫したり、たくさんの歩行者が滑って転んだりと、首都圏の混乱が続いています。

昨夜、深見先生からいただいたメルマガで、歴史的な大寒波や記録的な大雪、また、突然の白根山噴火の背景にある意味を教えていただき、非常に厳粛な思いで迎えた朝となりました。

大変に大きなスケールでありがたい神仕組が進んでいること、そして、深見先生が大変な思いでこれをお取り次ぎしておられることに、知らず知らずに頭が下がります。

また、火山噴火で自衛官の方が犠牲になられたのは残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。しかし、日本列島にはまだまだ危険な火山がたくさんあることも改めて認識しました。今後は被害ゼロであらゆる災害が弭化されることを心からお祈りします。



■関東で記録的な冷え込み続く 東京都心 2日連続で-3℃以下は53年ぶり  さいたまでは-10℃に迫る寒さに

「最強」の寒波が到来。

ちょっと前に欧州や北米の寒波のニュースをみて「大変だなあ」と同情していたものですが、日本にも「最強」クラスの寒波が押し寄せてきました。

東京でも都心でマイナス4度、多摩地区ではマイナス8度以下という強烈な冷え込みとなり、北海道ではマイナス30度という想像を絶する極寒の朝になりました。都心の低気温は48年ぶりとのことです。

度重なる寒波の主因は地球温暖化にともなう気候変動であるという説が有力と聞いています。夏は灼熱の暑さになり、冬は強烈な寒さで苦しめられる時代にすでに突入して久しいです。なんとかして地球がもとの姿に戻って欲しい、と心から祈ります。

ともあれ、大雪が溶け出した後の寒波襲来ですから、路面はツルツルの箇所が多いです。どうぞ皆さん、移動にあたっては十分にお気をつけになり、お怪我をなさらず、お風邪なども召されませんよう。


■最強寒波で都心-4℃ 48年ぶり冷え込み

■「水が出ない」都内で相次ぐ 府中で零下8.4度

■この冬全国で初めて-30℃下回る 北海道


アラスカで巨大地震。

日本の白根山の噴火、そして、フィリピンのマヨン火山の噴火といったニュースに続いて、アラスカで巨大地震という報道です。

報道だけでは詳細がわかりませんが、津波などによる大きな被害が出なかったのは良かったといえます。しかし、環太平洋火山帯の活動が活発化しているのは間違いなく、これが大きな人口が集中する地域で発生していたらと思うとぞっとします。

南海トラフや北海道沖で大地震の恐れが指摘されていますし、突発的な地震は日本列島のどこで発生してもおかしくありません。関東内陸や伊豆沖での不穏な揺れも気になります。

こういう時だからこそ、ワールドメイトにいろいろな救済策が降ろされていることに感謝し、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただきますよう祈り続けたいと思います。


■M7.9、一時津波警報=アラスカ南部沖で強い地震-米

米地質調査所(USGS)は23日、アラスカ州南部コディアック島南東約280キロ沖のアラスカ湾海底で世界標準時23日午前9時31分(日本時間同日午後6時31分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生したと発表した。米太平洋津波警報センターは津波警報を出したが、その後解除した。日本の気象庁によると、日本への津波の影響もない。

地震直後、アラスカ州の最大都市アンカレジの危機管理局はアラスカ州のほか、カナダ西岸一帯に当たる同国西部ブリティッシュコロンビア州を対象に津波への警戒を呼び掛けた。「海の近くにいる人は少しでも高い内陸へ移動しなさい。津波警報の発出は、強大な津波の恐れを警告するだけでなく、既に発生している可能性も意味する」と強く警告した。
 さらに米西海岸沿岸やハワイも警戒対象に含まれていた。太平洋津波警報センターは「震源から遠くても破壊力は侮れない」と強調した。
 地震発生時刻は、アラスカ州の時間では23日午前0時31分ごろ。震源の深さは約10キロ。USGSは地震発生直後「M8.1」と発表し、その後「M8.2」に修正したが、さらにM7.9に変更した。アラスカ湾では、その後もM5程度の余震が続いた。(2018/01/23-21:11)

白根山が噴火。

群馬県の白根山が噴火した模様です。雪崩が発生し、行方不明者がおられるとの報道もあり、安否が気遣われます。お怪我をされた方もおられるようですが、どうか全員の方が無事にご帰宅なさいますようお祈り致します。

フィリピンでも巨大な噴煙を上げてマヨン山が噴火しています。相変わらず、環太平洋火山帯の活動は活発で、いつ、どの火山がどんな規模で噴火するのかはほとんど予測不能です。

深見先生が火山噴火に大いに警戒を呼びかけておられましたが、本当に大きなエネルギーが溜まっているのでしょう。いつもながら先生の慧眼はすさまじいものがあります。

噴火活動が最小限のものにとどまり、これ以上の被害が出ないようにも祈るばかりです。



■草津のスキー場で雪崩か 草津白根山が噴火、けが人も

23日午前10時ごろ、群馬県草津町の草津国際スキー場の事務所に、職員から「雪崩が起きたようだ」という連絡があった。スキー場関係者によると、けが人が出ているとの情報があるという。

 気象庁によると、午前9時59分ごろ、草津白根山が噴火したもようだ。天候不良のため、噴煙の状況は不明。

 群馬県草津町の役場によると、午前10時ごろ、本白根山から噴煙が上がった。噴石などは確認されていない。雪崩との関係は不明。

首都は銀世界。

大雪の直撃から一夜明け、首都東京は銀世界。雲ひとつない快晴で目を開けるのが眩しいくらいです。

ただ、きれいな景色だと感動してばかりもいられません。昨夜の帰宅困難、今朝の交通混乱、そしてたくさんのスリップ事故とてんやわんやが続いています。事故にあい、お怪我をされた方々にお見舞いを申し上げます。

しかし、これだけの雪が降るということは、やはり少しわくわくすることではあります。時ならぬ大雪は神様がご発動された証と聞いていますから、神霊界ではどんなことが起きているのか。冬神業の深まりで祈りも深まる時期です。ご神業の段がひとつひとつ進んでいる今、ひとつひとつの事象が非常に気になります。

ともあれ、ちょうど残雪が溶け出している頃です。足下が緩んだり、また凍ったりと、注意が必要ですので、どなた様もくれぐれもお気をつけなさいますよう。


■首都圏で大雪、交通混乱 東京都心、4年ぶり20センチ超

日本列島南岸を進む低気圧の影響で、首都圏では22日昼ごろから大雪となり、列車の運休や遅れが相次ぎ、交通機関に大きな乱れが出た。降雪のピークが帰宅時間帯と重なり、都心の駅では入場規制が実施された。

 気象庁は22日、東京地方に大雪警報を発表した。平成26年2月以来で、都心では4年ぶりに積雪が20センチを超えた。

 警視庁によると、スリップ事故などは都内で700件以上起きた。東京消防庁によると、転倒によるけが人は60人を超えた。

 気象庁によると、22日昼ごろに東京や神奈川、埼玉などの平野部で雪が降り始め、夕方に積雪を記録。午後11時現在の積雪は、東京都心で23センチ、横浜市で18センチ、埼玉県熊谷市で19センチに達した。

 関東甲信では23日未明にかけても雪が降り続き、さらに積雪が増える見通し。気象庁は路面の凍結や交通機関への影響に注意を呼び掛けている。

地球温暖化、NASAも警告。

昨年の世界気温は過去2番目の暑さだったそうです。トランプ大統領は地球温暖化対策に不熱心ですが、米国の政府機関は地球温暖化の事実を科学的に認めています。NASAもあらためて警告を発しました。

北半球と南半球で大寒波と大熱波が同時に吹き荒れ、100度以上も温度が違うという異常事態が続いています。この異常気象をもたらす原因こそが地球温暖化です。

残された時間はたっぷりあるわけではありません。さりとて、一朝一夕に解決策が出る問題でもありません。あきらめず、たゆまずに、祈りを積み重ね続けたいと思います。


■17年の世界気温、史上2番目の高さ=急激な温暖化、NASA警告

 【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は18日、2017年の世界の平均気温が1880年以降の観測史上2番目の高さだったと発表した。二酸化炭素(CO2)などの排出増加が気温上昇の背景と分析。「地球の気温は急激な温暖化傾向をたどっている」と警告した。
 NASAによれば、17年の地球表面の平均気温は、基準とする20世紀半ばをセ氏0.9度上回った。NASAと異なる分析手法を使う米海洋大気局(NOAA)が同日公表した平均気温は、基準より0.84度高く過去3番目。NASA、NOAAがいずれも過去最高を観測したのは16年だった。
 NASAは「過去60年の気温上昇は人間活動に伴って排出されるCO2など(の温室効果ガス)が原因だ」と説明。長期的に気温が上昇する傾向が続くと予想した。(2018/01/19-05:23)

米国、「戦争の計画はある」。

突如として始まった朝鮮半島の「南北対話」。「統一旗の使用」、「統一入場行進」、「統一ホッケーチーム」、そして大量の「美女応援段の派遣」など、次々に融和的なムードの話題が飛び出しています。

ひとまずほっとしたいところですが、気になるのはそれらは「期限付きの平和」であり、これによって長期的な軍事的緊張が緩和するとは思えないことです。なにしろ北朝鮮の核開発の話題はひとつも議題に上がってきていないようですし、こうしている間にも北の核戦力は完成に向かっているのは間違いありません。

こうしたことを冷徹に見極めているのか、米国のマティス国防長官は「戦争の計画はある」と明言したそうです。水爆まで完成させた北朝鮮が、米本土に届くICBMを獲得したら一大事ですが、北朝鮮が態度を変えるそぶりをみせない以上、厳しい態度を崩すわけにもいかないのでしょうか。

怖いのは「厳しい態度」だけにとどまらず、実際に米国が攻撃に移り、大きな犠牲が出ることです。もちろん、米国が行動に出るだけでなく、北朝鮮のほうが自暴自棄な暴走をする可能性も否定できません。依然として東アジアは大きな緊張のなかにあります。

ワールドメイトの氷見神業で出された「北朝鮮トドメの平和神事!!」がいかに重要な神事なのか、こうした展開をみるとひしひしと実感させられます。とにもかくにも平和裏にすべてが解決していきますように。



■米国防長官「北朝鮮との戦争計画ある」と発言

1月18日 12時04分北朝鮮情勢

日米外交筋によりますと、アメリカのマティス国防長官は、カナダで開かれた北朝鮮問題をめぐる関係国の外相会合に先立つ夕食会で、「北朝鮮との戦争計画もある」という趣旨の発言をしたということです。一方でマティス長官は、外交努力による平和的な解決を優先させるべきだという従来の立場も併せて示したということです。

北朝鮮問題をめぐる関係国の外相会合は、日本時間の17日未明からカナダのバンクーバーでアメリカとカナダの共催で開かれ、日本や韓国など合わせて20か国の外相らが出席し、北朝鮮が非核化に向けた意思を示すまで圧力をかけ続ける方針を確認しました。

これに先立って日本時間の16日には、アメリカのティラーソン国務長官やマティス国防長官、日本の河野外務大臣らが出席して夕食会が開かれ、日米外交筋によりますと、この席でマティス長官は「アメリカには北朝鮮との戦争計画もある」という趣旨の発言をしたということです。

一方でマティス長官は「外交努力がうまくいかない場合は、国防相会合を開くことになる。そうならないように外交で頑張ってほしい」と述べ、外交努力による平和的な解決を優先させるべきだという従来の立場も示したということです。

官房長官「コメントすべきではない」
菅官房長官は、午前の記者会見で、「具体的な内容について承知しているわけではないので、政府としてコメントすべきでない」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は「今回の会合を通じて、北朝鮮の核保有は決して受け入れられず、国際社会が一致結束して圧力を最大限まで強めていくというメッセージを全体で発出できたことは極めて有意義だった」と述べました。

北半球には大寒波。南半球には大熱波。

日本はここ数日、寒さが一服し、3月か4月のような暖かさでほっとしています。しかし、北半球には大寒波、南半球には大熱波が襲い、多くの死者や様々な災いが報道されています。

欧州や北米は大寒波で滝がそのままの形で凍るほどだそうです。飛行機なども影響を受けて交通も大混乱。シベリアではマイナス67度という信じられない超低温で、凍死者の報道が相次いでいます。

かと思えばオーストラリアは大熱波です。50度近い高温で熱中症や山火事が心配されており、コウモリが生きたまま茹でられたような感じで大量死しているという報道もあります。

熱波は地球温暖化の影響そのものですし、また、地球温暖化が冬期の大寒波を引き起こすメカニズムも科学的に解明されているようです。つまり、どちらも地球温暖化のもたらすものです。

神様の尊いご守護と、また、人類のそれなりの努力もあって、温暖化の進行速度はかつての予測ほど速くはないようですが、しかし、着実に進んでいることは間違いありません。

本当に大きな悲劇となり、取り返しのつかないことになる前に、しっかりと祈りを極めたいと心から思います。


■氷点下67度、シベリアに猛烈な寒波到来

■欧州・北米を大寒波襲う 爆弾低気圧で吹雪や強風

■シドニー、猛暑で気温47.3度を記録 火災の危険から、屋外の火気使用禁止令が出される